子どものヤル気スイッチ

また台風が上陸…もやもや
学校も保育園もプレも全部お休みガーン
って事で突然できた、久々に時間のある朝!
ありがたや♡

そんな朝は美味しいコーヒーが飲みたくなるでしょう??

はーい、息子に頑張ってもらいましょ…ニヤリ…
もとい、ヤル気スイッチを🔛にする方法をお伝えしますよ!!


最近筋トレにハマり中の10歳男子。
焙煎したばかりのコーヒー豆を挽くにも
筋トレになるはず…


ガリゴリ挽くのは結構力仕事…

はい、ココで息子の釣り方ご紹介です!


1、やり始めたらまず、ケラケラ笑う
2、筋肉痛になっちゃいそう!と言う
3、息子にやってくれるぅー?とお願いする

もう少し小さいお子さんでも、自立のためと
大げさな大義名分でなくてもお手伝いは
とてもステキな事なので応用すれば
やらされてる感なくやってくれます!
カギ応用解説書カギ

1
ここでは楽しさをアピールする事が大切★
楽しくないことはやりたくないのがコドモ

2
ママ的には不利益でも、子どもにとっては
利益になりそうなワードを使う事が大切★
うちの場合、筋トレにハマり中なので
「筋肉痛=筋肉がつく」と思ってるので
これがキーワードとなりました

3
このへんは適宜変えていくのがポイント★
(お願い系・おうかがい系)
・やってくれる?とお願いする
・楽しいから一緒にする?と誘う
・もしかしてやってみたい?と聞く
・楽しいからやらせてあげようか?と誘う

思惑が外れた時最大のポイント
つれない返事でも、決して怒らないこと!!
そしてそのまま「あ、そう?」と軽くながし
keep on going♡
楽しそうに続けてくださいね!
そしたら次はノッテくれるかもしれませんから。

将来につながる〝力〟の伸ばし方がわかる「輝きベビースクール」

こどもの才能を最大限に活かし伸ばせる! 親子の気質×モンテッソーリ×脳科学で 子育てを科学する新しい子育て法 輝きベビーメソッドを導入した \ベビはぐ/ 『輝きベビースクール』 ベビーはぐみぃー教室

0コメント

  • 1000 / 1000