はぐみぃー保育園@大阪市天王寺区

幼児教育歴約20年、現在は知育プレスクールとベビーリトミック教室を大阪市天王寺区で運営中の合同会社はぐみぃー代表の中村順子です。

来春2018年には天王寺区内に、内閣府所管 企業主導型保育園を新設OPEN♡

「まだ赤ちゃんなのにそんな可能性が!?」
「うちの子にこんなことができるなんて!」

驚きと喜びの声をたくさんいただいたベビーメソッドを使い
次世代の保育を提供してまいります。

単に預かって帰すだけなんて、絶対もったいない!
忙しいワーキングママに代わって、お子さんの「できた♡」を日々更新してい

記事一覧(23)

子どものヤル気スイッチ

また台風が上陸…もやもや学校も保育園もプレも全部お休みガーンって事で突然できた、久々に時間のある朝!ありがたや♡そんな朝は美味しいコーヒーが飲みたくなるでしょう??はーい、息子に頑張ってもらいましょ…ニヤリ…もとい、ヤル気スイッチを🔛にする方法をお伝えしますよ!!最近筋トレにハマり中の10歳男子。焙煎したばかりのコーヒー豆を挽くにも筋トレになるはず…ガリゴリ挽くのは結構力仕事…はい、ココで息子の釣り方ご紹介です!1、やり始めたらまず、ケラケラ笑う2、筋肉痛になっちゃいそう!と言う3、息子にやってくれるぅー?とお願いするもう少し小さいお子さんでも、自立のためと大げさな大義名分でなくてもお手伝いはとてもステキな事なので応用すればやらされてる感なくやってくれます!カギ応用解説書カギ1ここでは楽しさをアピールする事が大切★楽しくないことはやりたくないのがコドモ2ママ的には不利益でも、子どもにとっては利益になりそうなワードを使う事が大切★うちの場合、筋トレにハマり中なので「筋肉痛=筋肉がつく」と思ってるのでこれがキーワードとなりました3このへんは適宜変えていくのがポイント★(お願い系・おうかがい系)・やってくれる?とお願いする・楽しいから一緒にする?と誘う・もしかしてやってみたい?と聞く・楽しいからやらせてあげようか?と誘う思惑が外れた時最大のポイントつれない返事でも、決して怒らないこと!!そしてそのまま「あ、そう?」と軽くながしkeep on going♡楽しそうに続けてくださいね!そしたら次はノッテくれるかもしれませんから。